山口県の絶景めぐり〜須佐ホルンフェルス〜日本海の迫力と断崖のコントラストが美しい〜

目次

自然のパワーと美しさの両方をを実感できる場所

今日は昨年(2023年)の9月に訪れた

須佐すさのホルンフェルス

のお話をしてみたいと思います。

山口県萩市須佐にあるホルンフェルス

そもそも

うべの石ころ

ホルンフェルスってなんだ?

という話なので、少し調べてみました。

ホルンフェルスとは、この周辺の砂や泥が交互に重なった地層に高温のマグマが入り込み(接触変成作用)、その熱で焼かれることによって変成岩へんせいがんになったもの。
つまり、「この周辺の砂と泥の地層がマグマの高温の熱で焼かれてできた風景」だということです。

山口県民だと「ホルンフェルス=須佐」というイメージですが、実際に手元の図鑑で調べても須佐の風景の写真が出てきます。

うべの石ころ

地質学的にも貴重な風景なんですね。

話が少しそれますが、今回この本を久々に開きました。

楽天ブックス
¥2,200 (2024/02/18 11:49時点 | 楽天市場調べ)
うべの石ころ

フルカラーでボリュームもあるのにこんなに安くて大丈夫なの?

という図鑑です。

シリーズが色々あって、大人が読んでも非常に面白いので気になる方は是非調べてみてください。

山口に帰ってきて水晶拾いなどをやっていたとき、石って面白いなと思い買ったのでした。

須佐のホルンフェルスは小学生のころ、家族と何度か訪れたことがありました。

今回はおよそ20年ぶりの訪問となります。

須佐のホルンフェルスは山口県の1番右上のあたりに位置します。

下の地図の赤いマークの場所です。

【Googleマップより引用】

もう少し東へ進めばすぐに島根県という場所ですね。

関西で働いていた頃、お世話になったある会社の社長さんが須佐のご出身の方でした。

「本当にのどかな場所やで」

とおっしゃられていましたが、本当に風光明媚な自然豊かな場所です。

須佐の出身というと、ワンピースの主題歌でも有名な

きただにひろし」さんも須佐のご出身

ですね。

須佐は古くからの港町でもあり、一本釣りで水揚げされた

須佐男命すさみこといか」

は須佐の誇るブランドです。

非常に鮮度にこだわっているので、現地でしか味わうことのできない味覚でもあります。

須佐すさ」や「男命みこと

という名前からもわかるように、

須佐の地名の由来は、『古事記』の八岐大蛇やまたのおろちの物語でも有名な

須佐之男命すさのおのみこと

に由来すると言われています。

『古事記』の中で須佐之男命が出雲国で八岐大蛇を退治するお話は有名ですが、一方『日本書紀』では朝鮮半島の新羅しらぎと往来したとする別伝もあり、須佐はそのときに立ち寄った場所であるという言い伝えがあるのだそう。

『古事記』や『日本書紀』は1300年以上前の書物だということを踏まえると、

うべの石ころ

須佐は歴史と文化がとても深い場所なんだということがわかりますね。

須佐駅前にはその名も

いかマルシェ スサノモノミトコ館

なるものもあり、須佐の魅力発信の一つの拠点となっています。

須佐のホルンフェルスを訪れるのは実に20年ぶり

しかし、当時とまったく変わらない絶景は健在でした。

ホルンフェルスの歩んできた時間を考えると、20年なんて一瞬ですらないのでしょう。

【ホルンフェルスへ続く道。すでに奥に見えている。ここの先から真下まで降りることができる】

【束の間の青空に日本海の荒波と】

【岩肌に打ち付ける荒波の音の迫力は凄まじい】

【目の前まで近づくこともできる】

【波も目の前まで迫っている】

【空に少し雲がかかるとまた違った印象を受ける】

【岩の上はこんな感じ。柵もないので注意】

気をつけておくべきこと

写真からもわかる通り、まさに断崖絶壁です。

うべの石ころ

この景色どこかでみたことあるな・・・。

と思う方もいるかもしれませんが、

そう、福井県の東尋坊とうじんぼうにそっくりです。

下の写真は学生の頃に撮影した東尋坊の景色

【学生の頃訪れた東尋坊の景色。断崖絶壁とはまさにこのこと】

規模感はやや異なりますが須佐のホルンフェルスも東尋坊を彷彿とさせる断崖絶壁となっています。

なので

歩きやすい服装・靴

は絶対に必要です。

ヒールなんかではまともに歩けない上に大変危険です。

下まで降りようと思えば、動きやすい服装と靴は必須ですね。

もちろん柵なんかもないので、とくに

小さいお子さんからは絶対に目を離さない

ことも大切です。

遊歩道が終わる辺りから、突然断崖に突き当たります。

岩の上はやや広くなっている分、小さいお子さんなんかだと走り回れそうです。

落ちたら間違いなく助からない場所ですので、以上の点は気をつけないといけません。

うべの石ころ

これらに気をつければ、目の前で雄大な自然の絶景を楽しむことができますよ。

こんな景色をみると、「険しい道のりを進まないといけないの?」と思うかもしれませんが、

車を使えばアクセスはしやすい場所(駐車場から歩いて10分ほど)です。

うべの石ころ

最初Googleマップで検索すると、一瞬「道なんかないんじゃないか」と思うような場所ですが、ちゃんと運転しやすい道で駐車場まで行くことができます。

その車を止める場所ですが、

「つわぶきの館」

の駐車場に車を止める形となります。

具体的なアクセス方法としては、

JR「須佐」駅から国道191号を進むと見えてくる「津田」交差点を曲がります(国道315号へ)

須佐ホルンフェルス」の看板や「男命いか」の看板が目印です。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

山口県宇部市でひっそりと暮らす30代夫婦です。
お互い京都で13年ほど暮らし、このたびUターンしてきました。
趣味は写真、読書、ドライブ、園芸、絵を描くことなどなど。
関西で小売業界を経験後に社会保険労務士となり、さまざまな働き方を目にしてきました。
そんな中、「心にゆとりを持った生活が大切だ」と実感し、この度山口へ帰ってきました。
山口での生活で気づいたこと、出会った美しい風景を写真などもたくさん掲載しながら綴っていきたいと思い、この度ブログを始めてみることにしました。
見てくださった皆さんの心が、少しでも穏やかになれるような情報を発信するブログにしていきたいな、と考えています。
どうぞ宜しくお願いします^ ^

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次